News

ニュース

株式会社 山義

News.

2017.08.18

木のお話

chapter 67

 

 

>>>木目

 

 

 

木から木材として切り出すとき

その切り出し方によってできる木の模様のことを木目といいます。

 

木目の違いは見た目の違いだけでなく、木の性質とも関係しているのです。

 

 

「柾目」

柾目とは木材の縦断面に現れる木目が、平行なものまたは真っ直ぐなものをいいます。

年輪の直径またはこれに近い面で縦断した断面に現れます。

真っ直ぐ平行に流れる美しい木目が特徴であり

性能面でも、収縮や反りが小さく、狂いの少ない木材となることも魅力。

 

「板目」

木の樹心を通らない面で、たて方向に切断したとき(接線断面)木材の表面に現れる波形などの木目。

同じ木でも二つと同じ板目を取ることはできません。

板目の木材は個性が豊かで、木の存在感を際立たせ

木の力強さから柔らかさまで様々な表情をみせてくれます。

また、強度に優れ、多少の曲げにも耐えられる強さがあります。

 

 

もとは1本の木。

しかし切り出し方でそれぞれの特徴を持った木材へと生まれ変わるのです。

 

 

News.

2017.08.17

木のお話

chapter 66

 

 

>>>木の部位

 

 

 

 

木は、1本の中から様々な部位に分けられ、

その部位にもそれぞれ特性があります。

 

 

年輪の中心を「樹芯」。

その回りの赤みがかった部分を「心材(赤身)」。

その外側を「辺材(白太)」といいます。

 

心材は生命活動を停止しており細胞が死んで変質したもの。

そのため腐りにくく、虫にも強いため耐久性に優れています。

 

辺材は柔細胞が活動しており、栄養分や水分が多いため心材よりも腐りやすくなります。

しかし、雨や風にさらされながら、何十メートルもの巨木を支えてきた辺材は、強度に優れています。

 

 

家を造るときの材料として、素材に求めることは「耐久性」と「強度」。

木は1本の中にその両方を兼ね備えているのです。

「心材」と「辺材」。

正確に使い分けることで、木の家はさらに長く安心して住まうことができるのです。

 

 

News.

2017.08.10

木のお話

chapter 65

 

 

>>>木の持つ力

 

 

 

yamayosiの起源は製材所。

そのルーツもあり、yamayosiが造り上げる建築には木を豊富に使用しています。

 

 

そこで少し木のお話を…

 

 

木にはどのような力があるのでしょうか。

それは、見た目の美しさや自然の恵みだけにとどまりません。

 

 

・紫外線を吸収し、赤外線を反射する性質があるため光をやわらかくし、落ち着ける空間へ。

 

・適度に音を吸収し、美しく響かせ、耳障りな音を和らげ、やわらかい音へ。

 

・木の細かな孔が湿度を調整。空気を心地よくし、快適な室内環境へ。

 

・木の温かみや肌触り、香り、音などが子どもの五感を育て、心を落ち着かせ、子どもの力を引き出す。

 

・調湿機能や抗菌機能でシックハウスや小児喘息などアレルギー原因を抑える。

 

・年月を重ね、使い込まれることで味わいが出て、経年変化を楽しむことができる。

 

 

このように木には様々な力があります。

 

木に包まれた空間にいると温もりを感じ、木が室内環境を整え、

子どもの情緒を育て、健康にも良い影響を与えてくれるのです。

 

 

News.

2017.08.02

completion

chapter 64

 

 

>>>完了

 

「NEW HOME」のお引き渡しが終わり

全ての工程、作業が完了。

 

お施主様の想いと理想を設計。

共に描いた未来の心地よい時間を

この空間で過ごされますように。

 

これからも末永いお付き合いを

よろしくお願いいたします。

 

 

 

News.

2017.08.01

お引き渡し

chapter 63

 

 

>>>お引き渡し

 

「NEM HOME」ついにお引き渡し。

 

これからどんな新しい生活がまっているのか

どんな空間を築き上げていこうか

 

夢と希望とともに仮住まいからお引越。

 

 

Tel : 048-222-3677

Fax : 048-222-3640

E-mail : info@yamayosi.com

Privacy Policy

copyright © yamayosi Co., Ltd. all right reserved.